未来心の丘

未来心の丘

未来心の丘について

当博物館が芸術活動の一環として、取り組んでおりますこの「未来心の丘(みらいしんのおか)」は、広さ5,000平方メートルにもおよぶ白い大理石の庭園で、世界を舞台に活躍されている彫刻家  杭谷一東(くえたにいっとう) 氏にその制作を依頼しているものです。
ここに使用されている大理石のすべては氏のアトリエ(仕事場)があるイタリア・カッラーラで採掘し、コンテナ船で運んできています。丘にそびえ立つ大小様々な形をしたモニュメントや広場、道... 氏は制作に当たっては常に、その石のひとつひとつと対話し、また周囲の景色の形や色、風雨、光といったあらゆる自然との調和(バランス)も考えて創造してこられました。

ここでは、ただ見て楽しむだけでなく、実際に肌でふれて、自然と一体となって遊び、思い思いの想像をふくらませてもらえることが氏の願いでもあります。言いかえれば、未来心の丘は、すべての生命あるものが参加できる空間といえます。

未来心の丘

杭谷一東 プロフィール

1942年 広島県世羅郡甲山町に生まれる
1957年 彫刻家 圓鍔勝三氏に師事
1962年 日展初入選 以後連続8回入選
1969年 イタリア国立アカデミー彫刻科入学
1971年 イタリア国際アカデミー卒業
最優秀ミネルヴァ賞を受賞
1974年 ファッツィーニ教授の助手としてヴァチカン宮殿謁見の間の「キリストの復活」制作に参加
1977年 第3回ラヴェンナ国際ビエンナーレで金賞受賞
1979年 第4回ラヴェンナ国際ビエンナーレで金賞受賞
1980年 イタリア・マリーノ市国際石彫ビエンナーレで大賞受賞
1986年 イタリア国際モニュメントコンクール入賞
1990年 ヴァチカン宮殿にてローマ法王ヨハネ・パウロ二世に謁見
1998年 イタリア・カッカーラ市第9回ビエンナーレ展に出品。
2000年 耕三寺博物館 巍々園の未来心の丘第一期オープン
2004年 御調町ポケットパーク6[家族」制作
世羅学園通りの天地花公園「天地花」制作
2005年 THE MARBLE ARCHITECTURAL AWARDS 2005(マーブル・アーキテクチュアル・アワード2005)の、アーバンランドスケイプ(都市景観)部門で大賞(1st Prize)受賞-耕三寺博物館 未来心の丘制作としてー

彫刻家 杭谷一東先生が当博物館「未来心の丘」の制作者としてMAAの大賞を受賞!

MAAの大賞を受賞

MAAの大賞を受賞

MAAの大賞を受賞

去る6月にイタリア・カッラーラ(現地)で行われた授賞式での様子

MAA2005のアーバンランドスケープ部門での大賞を受賞して大プロジェクトの受賞作品のなか、耕三寺と杭谷氏との二人三脚のような小さなプロジェクトが取り上げられたことは感激に堪えません。それだけイタリアにおいて注目されていることを示すもので、現地での授賞式に参加し、あらためて肌に感じてきました。杭谷氏の情熱が形となり文化国家イタリアにおいて認められたことをお祝いいたします。当館としては、地域が誇れる造形作品として、また未来に希望をつなぐ場所として今後とも愛情を込めて維持管理していこうと思います。

MARBLE ARCHITECTURAL AWARDS 2005(マーブル・アーキテクチュアル・アワード 2005)は、「イタリア貿易振興会」と「カラーラ国際石材及び加工機械」が6年に1度開催しているコンペティションです。

この賞の目的は天然石の特性を生かした素晴らしい建築物、デザイン、プロジェクトを世界各地から募り、アーバン・ランドスケープ部門、インテリア部門、エクステリア部門の3部門において厳選し称賛することです。

今回、杭谷一東は「未来心の丘」(耕三寺博物館)の制作者としてアーバン・ランドスケープ(都市景観)部門の大賞(1st Prize)を受賞しました。杭谷一東は環境彫刻の制作をライフワークとしてきました。「未来心の丘」は世界最大規模の大理石彫刻庭園として構想から5年、着工から12年の歳月をかけて制作したものです。今回の受賞は、「未来心の丘」が都市景観創造の観点からも世界的に高い評価を受けたことを意味します。

- 耕三寺博物館

これまでの経過

ローマ古代遺跡・アッピア街道と環境彫刻の共生展(仮称)

ローマから、アドリア海に面したブリンディシまで約750kmを結ぶ道―アッピア街道―。
「すべての道はローマに通ず」と呼ばれた古代ローマへの道の中でも「街道の女王」と呼ばれ、最も重要な街道です。その古代遺跡群はイタリア国有でローマの考古学監督局管理下にあります。

これまで、この古代遺跡群における展覧会は例を見ないこととされてきましたが、環境彫刻家・杭谷一東(くえたに かずと)のイタリアにおける環境彫刻への取り組みが認められ、イタリア文化財・文化活動賞ローマ考古学監督局から正式に許可を得る運びとなりました。加えて、この環境彫刻展がアッピア街道の歴史的価値を高める機会として、成功を納めることができるよう、建築・現代美術総局へ働きかけをしていただいております。
この国際的・歴史的な試みが、実現に向かって歩み始めています。

未来心の丘 地図

光明の塔

仏教護法の十二天より
「日天(にってん)」が放つ光
(希望)の塔

西に沈む太陽に合掌

安らぎと力の腰掛け

仏教護法の十二天より
上方を護る「梵天(ぼんてん)」と下方を護る「(地天)ちてん」のエネルギー集合点

君のライフはまんぱいか

白獅子の塔

仏教護法の十二天より
南西方を護る「羅刹天(らせつてん)」 が乗る獅子

小獅子の滑り台は気を付けて

亀玉の舞台

仏教護法の十二天より
西方を護る「水天(すいてん)」が乗る大亀

大きな声で歌ってみよう

風の四季

仏教護法の十二天より
西北方を護る「風天(ふうてん)」の屏風

どの屏風が春?夏?秋?冬?

白象の小庭

仏教護法の十二天より
東方を護る「帝釈天(たいしゃくてん)」が乗る象の庭

小早川家の出城跡が見えます

南の壁累

仏教護法の十二天より
南方を護る「焔摩天(えんまてん)」の城壁

昔、のろしを上げた山が見える

二鬼の庭

仏教護法の十二天より
北方を護る「毘沙門天(びしゃもんてん)」の天邪鬼

あまのじゃくはいないか~

天猫

仏教護法の十二天より
「月天(がってん)」を望む猫

イタリアのお月様もいっしょかな

そよ風の路

仏教護法の十二天より
北東方を護る「伊舎那(いしゃなてん)」が歩く道♪

行こう行こうあの丘へ

未来からの炎

東南方を護る「火天(かてん)」の炎

善の炎はなにを焼き尽くす

カフェ・クオーレ

ページのトップへ