現在の展示

金剛館【分館】1階

常設展 耕三寺の仏教美術

通年開催

品名 形状・材質など 指定 時代
梵鐘 銅造 重要美術品 室町時代
釈迦如来立像 木造 重要文化財 平安時代
浄土曼陀羅刻出龕 木造截金 重要文化財 平安時代
宝冠阿弥陀如来坐像 木造漆箔 重要文化財 鎌倉時代
阿弥陀如来立像 木造漆箔 重要美術品 鎌倉時代
阿弥陀如来立像 木造截金彩色 重要文化財 鎌倉時代
阿弥陀如来立像 木造漆箔   鎌倉時代後期
増長天立像 木造   江戸時代
増長天立像 木造   平安時代
持国天立像 木造   平安時代
阿弥陀三尊像 木造漆箔   鎌倉末期~南北朝時代
狛犬 木造   鎌倉時代

金剛館【分館】2階

kŽOŽ›”Ž•¨ŠÙ-ƒlƒbƒgL—pol

 

第75回館蔵品展 近代日本画展

本展では館蔵する近代日本画の中から35点を選んで展示しています。

当館の館蔵品は耕三寺初代住職耕三寺耕三が蒐集した美術品を基礎としていますが、彼による近代日本画の蒐集はある意味で没志向的でした。少々ネガティブな印象を与えるかもしれませんが、これは「良いと思うものを広く集める」というスタンスだったと言い換えることもできるでしょう。

それに従う形で、本展の出品作家は展示品数と同じ35名を数え、分類も花鳥画・風景画・人物画・仏画など多岐に亘りますので、「良いと思うものを広く求める」というスタンスでご観覧いただくのも良いかもしれません。

 

作品名 作者 材質・形状 制作年など
白梅鳩図 榊原紫峰 絹本着色・軸装  
夏日 山本倉丘 絹本着色・軸装  
盛夏 山口華楊 絹本着色・軸装  
晴天紅珠 堂本印象 紙本着色・軸装  
紅葉図 山口蓬春 絹本着色・軸装  
笹の秋 徳岡神泉 絹本着色・軸装  
四季花鳥図 板倉星光 紙本着色・軸装・五幅対  
空谷春盡 児玉希望 絹本着色・軸装  
山路の春 川合玉堂 紙本淡彩・軸装  
漁村春靄図 山元春挙 絹本着色・軸装  
洛東清水 池田遥邨 絹本着色・軸装  
貴船の神苑 吉田鋤牛 絹本着色・三曲一隻屏風  昭和5年(第11回帝展出品)
厳島 山口玲熈 絹本着色・二曲一隻屏風 昭和5年(第11回帝展出品)
夏の花園 今井寿々子 紙本着色・二曲一双屏風 昭和11年(文展出品)
清風聴聲  川上拙以 紙本着色・二曲一隻屏風 昭和11年(文展招待展出品)
燈籠大臣  中村大三郎 絹本着色・軸装 大正11年(第4回帝展出品)
ほたる 鏑木清方 絹本着色・軸装  
中村貞以 絹本着色・軸装  
聖徳太子孝養図  菊池契月 絹本着色・軸装   
六歌仙 玉村方久斗 紙本着色・軸装  
仙人 北野恒富 絹本墨画淡彩・軸装  
群仙図 冨田溪仙 絹本着色・巻子 大正9年
観世音菩薩 木村武山 絹本着色・軸装 昭和17年
釈尊 吉川霊華 絹本着色・軸装  
鬼子母 荒井寛方 絹本着色・軸装  
閻魔王図 橋本関雪 紙本墨画淡彩・軸装  
夏日 西村五雲 絹本着色・軸装  
小猫之図 大橋翠石 絹本着色・軸装  
堅山南風 絹本着色・軸装  
川端龍子 絹本着色・軸装  
朝涼 西山翠嶂 絹本着色・軸装  
塩膚木紅葉 福田平八郎 紙本着色・軸装  
鮮魚 竹内栖鳳 絹本着色・軸装  
高木保之助 絹本着色・軸装  
茄子 中村岳陵 絹本着色・軸装  

金剛館【分館】の詳細

法宝蔵【博物館3号館】

ƒtKƒŠƒ“ƒg

加治大作展

法宝蔵【博物館3号館】の詳細

僧宝蔵【博物館4号館】

’ƒ“¹”üp“W ”~‰Ôá— iHP—pj

茶道美術展 梅花雪裏春

品名 作者 時代
青磁瓢花入     中国・明時代後期(17世紀)
一重切竹花入 雪の山里 藪内竹窓(藪内流十一代) 昭和(20世紀)
志野手車香合     江戸時代前期(17世紀)
染付雪花香合   永楽妙全 大正(20世紀)
香合 みかん 藪内竹翁(藪内流七代) 江戸時代後期(19世紀)
芦屋松梅文釜     桃山時代(16世紀)
染付鸚鵡形水指     中国・清時代前期(17世紀)
男山焼 染付梅文水指     江戸時代後期(19世紀)
ちどり蒔絵中次     明治(19世紀)
梅鶯絵中棗   絵:小林和作 昭和(20世紀)
唐物大海茶入 玉椿   中国・南宋時代末期(13世紀)
瀬戸肩衝茶入 寿美竃 万右衛門  江戸時代前期(17世紀)
茶碗 かざり海老 藪内竹翠(藪内流十代) 大正(20世紀)
堅手茶碗 檜笠   朝鮮・李朝時代中期(17世紀)
黄伊羅保茶碗     朝鮮・李朝時代中期(17世紀)
砂御本茶碗 みなおし   朝鮮・李朝時代中期(17世紀)
茶碗 柳風 大谷枝子 明治(19世紀)
薩摩焼 茶碗 春の絵   江戸時代中期(18世紀)
共筒茶杓 玉笹 藪内竹陰(藪内流六代) 江戸時代中期(18世紀)
共筒茶杓 瑞風 藪内竹窓(藪内流十一代) 昭和(20世紀)
呉須赤絵 天下一皿     中国・明時代後期(17世紀)
呉須赤絵写 春字鉢   永楽妙全 大正(20世紀)
僧宝蔵【博物館4号館】の詳細
ページのトップへ